耳納の家
House of Minou
福岡県久留米市南部に有る「耳納連山」を眺めて暮らすための住宅である。自然をとても愛するご夫婦からの要望で、どの部屋からも「耳納連山」が感じられる様に計画した。
極力機械空調に頼らない暮らしを実現するために、軒を深く出し、開口部の高さを低く抑え太陽光の侵入をコントロールしている。表層材は無垢の素材など、自然素材をふんだんに使っている。
また、経年変化により自然豊かな風景と馴染むように外壁に杉材を採用。凹凸を付けて貼り陰影をアクセントとしている。今後、風雪に曝され褪色しその時折で美しい表情を見せてくれることを期待している。
The house is in the south part of Kurume, Fukuoka, built with the Minou mountain ranges in view. At the client’s wish, the house is designed to be able to feel these ranges from every room. We use deep eaves and hold windows low to control the incoming sunlight to limit the use of air-conditioning. The surface is made of pure and natural materials. Also, cedar is used, which one can see is going to harmonize with the landscape as it ages. We set the surface cedar boards unevenly to accent shadows. We look for wind and snow to beautifully affect that surface.

02_mino

04_mino

05_mino

06_mino

07_mino

08_mino

09_mino

10_mino

12_mino

13_mino

14_mino

15_mino

16_mino

【施工】有限会社高尾工務店
【写真】針金洋介