眺望の家
House of beautiful scenery
熊本県と宮崎県の県境近くの標高600m程の山間に建つ住宅である。敷地は東に緩やかに下っており、その先には遠くまで野山や大きな空が広かっている。
寺の副住職が施主であるこの住宅は、一度に多くの客人が訪れる。その為とても長い上框と玄関土間を設け、多くの来客に備えている。
自然豊かな景色を全て取込んだ東側の大開口からの眺めは、絶景の一言に尽きる。
また、以前からそこに或ったかの様な佇まいとすることで、山村の風景との調和を図っている。村の財産である美しい風景に溶け込み調和することは、そこに住まわせてもらう人間の自然への感謝の気持でもあると言える。
The house is built in mountainous altitude 600m areas between Kumamoto prefecture and Miyazaki prefecture. Site is down gently to the east, and beyond that site hills and big sky is wide far. This house owned by the chief priest has many visitors. In preparation for many visitors, the house has long entrance doma, which Japanese traditional floor. The viewing from west side window is to run out to the word of the superb view. And an appearance like it if was there from previous, we work to harmony with the landscape of mountain village. The harmony, that penetration in beautiful landscape, means gratitude to nature for living there.

02_cyobo

03_cyobo

04_cyobo

05_cyobo

06_cyobo

07_cyobo

08_cyobo

09_cyobo

10_cyobo

11_cyobo

12_cyobo

13_cyobo

14_cyobo

15_cyobo

【施工】ASJ阿蘇熊本スタジオ・江藤社
【写真】針金洋介