糸島の家
House of itoshima
福岡県西部の住宅地に建つ住宅である。とても目立つ立地に建つこの住宅が周辺に圧迫感を与えず見通しが良くなるように、道路に面している軒先は極力低く抑えている。
また昨今の住宅地は、工業化された住宅が立ち並び、冷たい景色をつくり、日本らしい情緒が無くなっていくような気がしてる。
そこでこの住宅を構成する素材は、家族とともに歳を重ねる天然素材を数多く選定している。天然の素材は室内の湿度を調節してくれるなど、健康に貢献してくれる側面も持っている。人の視線に曝される立地の為、開口部には障子を多用し、光は柔らかく室内に取り込むが、視線は遮っている。
また、この住宅は大音量で音楽を楽しむために鉄筋コンクリートで造った防音室を内包しており、木造と鉄筋コンクリート造のハイブリット構造である。
The house is built in west of Fukuoka prefecture. The eaves facing the road is suppressed as low as possible, because this house is located in a very prominent location and better outlook without giving a feeling of pressure around. Nowadays there are the industrialized housings in residential area, and it makes the area dry and without Japanese emotion. This house is made of natural materials that is aging with a family. These natural materials also have the side that would like to contribute to health such as an adjuster the humidity in the room. For location exposed to human sight, we use Shoji, which Japanese traditional house stuff, to make light soft and the line of sight interrupted. The house is a hybrid structure of wooden and reinforced concrete for enclosing a soundproof room in order to enjoy the music at high volume.

03_itoshima

04_itoshima

05_itoshima

06_itoshima

07_itoshima

08_itoshima

09_itoshima

10_itoshima

11_itoshima

12_itoshima

13_itoshima

14_itoshima

【施工】株式会社みぞえ住宅
【写真】針金洋介