2019.08.27
第3回 明かりについて考える

生活に明かりは必要である。これは誰しも反論のないことだろう。だが、どんな風に明かりを採るべきか?考えたことがある人は少ない様に思う。そんな明かりについて考えてみたい。

昼間の明かり

昼間は余程の雨の日でない限り、太陽光が十分な明かりを提供してくれる。これは南側がもっとも顕著であるが、真逆の北側も天空光という空に反射した優しい光が室内を照らしてくれる。違いは陽だまりができるか否かくらいか。

昨今、兎に角部屋を明るく明るくとオーダーを受けることが多い。もちろん明るいことは良いことなのだか、明る過ぎるのは如何なものなのかと疑問もある。というのも、昔の日本家屋のように部屋の中にもっと陰影があっても良いのではないだろうかと思うからである。

昔の日本家屋には「奥」があり、少し暗めの「奥」から陽光まばゆい庭を眺めるなどすると心落ち着き時の流れを忘れることもしばしである。新築でもこの様な陰影を持つ「奥行」のある空間を作ることにより、もっと過ごし易くなるのでは無いかと思うのである。窓の大きさと位置を綿密に検討することにより外部よりの光の強さと室内から見える景色をコントロールするのだ。

コア・リビング

(リビングから庭を眺める。室内が仄かな明るさである事によって、庭のまばゆい光の方へ視線が誘導され室内がより広く感じられる。)

IMG_1343

(お寺は北側に庭を配している事が多い。そうする事によって北側の庭は木々の表の顔(葉は南向きに茂る為)を眺める事ができる。また室内の暗さにより、庭がより鮮明に浮かび上がっている。)

さて、次は夜の明かり。

これに関しては、専ら照明器具に頼るのだが、僕の理想は光源は見えないけど、必要な明るさがあること。そして、部屋の中に陰影があること。である。

その上できることなら天井に器具を付けたくない。間接照明も作為的にならない様にしたい。とこだわりが多い。

という事で、ペンダント(天井吊り)、ブラケット(壁付)、フロアライト(床置き)、デスクライト(台置き)を複合的に配置する多灯分散照明を採用する事になる。こうする事でとても落ち着いた奥行きのある空間演出ができ、ゆったりとした居心地が出来るのではないかと考えている。

コア・多灯分散

(多灯分散にての照明計画例。様々な高さや位置から適度な光を得る事により、陰影がしっかりと見える。また、適度な明るさで安らいだ時間が流れる。)