タグ:
2021.05.6
(仮称)小郡の家 配筋検査

IMG_1792

 

本日は快晴の中、基礎配筋検査でした。
瑕疵保険機関の検査員が来られる前にスタッフと共に社内検査。
被り厚さやチェックのポイントなどを指示、指導しながらチェックを行いました。
結果、2点ほど指摘をさせて頂きましたが、その他は問題なし!!!とても綺麗な配筋でした。

その為、検査機関のチェックは合格。

ろく設計室ではこうやって、2重3重チェックを行います。そうする事により精度の高い、間違いの無い工事となります。

無事、明日以降の基礎コンクリートの打設に進むことができます。





2020.05.8
【コンセプトブックができました。】
【コンセプトブックができました。】
ずっと延び延びになっていましたが、弊所『ろく設計室』の思いが詰まったコンセプトブックが出来ました。
スタッフ筒井の渾身の力作です。
家つくりやお店つくりでの想いを拙い文章ですが書き綴っています。
これから、お家つくりやお店つくりなど建築をお考えの方に是非読んで頂き、ろく設計室の設計に対する想いを少しでも知って頂けたらと思っています。
今後、建築をお考えの方は是非メールにてお問合せください。
ご送付先と少しのアンケートをお伺いして、ご送付させて頂きます。
この機会にどうぞ宜しくお願い致します。
IMG_5038




2019.11.25
多世代のディスタンス
写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介





2019.08.27
丘の上の家

001

 

002

003004

006

008

009

010

011

012

013





2019.08.27
第3回 明かりについて考える

生活に明かりは必要である。これは誰しも反論のないことだろう。だが、どんな風に明かりを採るべきか?考えたことがある人は少ない様に思う。そんな明かりについて考えてみたい。

昼間の明かり

昼間は余程の雨の日でない限り、太陽光が十分な明かりを提供してくれる。これは南側がもっとも顕著であるが、真逆の北側も天空光という空に反射した優しい光が室内を照らしてくれる。違いは陽だまりができるか否かくらいか。

昨今、兎に角部屋を明るく明るくとオーダーを受けることが多い。もちろん明るいことは良いことなのだか、明る過ぎるのは如何なものなのかと疑問もある。というのも、昔の日本家屋のように部屋の中にもっと陰影があっても良いのではないだろうかと思うからである。

昔の日本家屋には「奥」があり、少し暗めの「奥」から陽光まばゆい庭を眺めるなどすると心落ち着き時の流れを忘れることもしばしである。新築でもこの様な陰影を持つ「奥行」のある空間を作ることにより、もっと過ごし易くなるのでは無いかと思うのである。窓の大きさと位置を綿密に検討することにより外部よりの光の強さと室内から見える景色をコントロールするのだ。

コア・リビング

(リビングから庭を眺める。室内が仄かな明るさである事によって、庭のまばゆい光の方へ視線が誘導され室内がより広く感じられる。)

IMG_1343

(お寺は北側に庭を配している事が多い。そうする事によって北側の庭は木々の表の顔(葉は南向きに茂る為)を眺める事ができる。また室内の暗さにより、庭がより鮮明に浮かび上がっている。)

さて、次は夜の明かり。

これに関しては、専ら照明器具に頼るのだが、僕の理想は光源は見えないけど、必要な明るさがあること。そして、部屋の中に陰影があること。である。

その上できることなら天井に器具を付けたくない。間接照明も作為的にならない様にしたい。とこだわりが多い。

という事で、ペンダント(天井吊り)、ブラケット(壁付)、フロアライト(床置き)、デスクライト(台置き)を複合的に配置する多灯分散照明を採用する事になる。こうする事でとても落ち着いた奥行きのある空間演出ができ、ゆったりとした居心地が出来るのではないかと考えている。

コア・多灯分散

(多灯分散にての照明計画例。様々な高さや位置から適度な光を得る事により、陰影がしっかりと見える。また、適度な明るさで安らいだ時間が流れる。)





2017.01.27
有田町の家竣工

DSC_8381

2017.01.13
有田町の家 竣工

昨年から工事を行っていました「有田町の家」が竣工しました。
自然豊かな高台に立つ住宅です。

外部からの視線が余り無く、眺望が良いという好条件の敷地条件だったので、とても開放的なリビングとなっています。今回はなるべく「素の材」建築材料をそのまま使用し、まさに「素材」を活かした家つくりとしました。

DSC_8412

DSC_8416
外壁は杉の赤身、内壁はフレキシブルボード、内部床はモルタル仕上とナラ無垢フローリング。

施工 ASJ佐賀西スタジオ(株式会社上山建設)
設計・監理 株式会社ろく設計室





2017.01.24
展望台の家

%e5%b1%95%e6%9c%9b003

竣工してもう1年になりますが、福岡市西区に竣工した「展望台の家」の竣工写真が 家つくりサポート会社のFORZA さんのHPに掲載されています。弊社のこのwebにはまだ掲載されていません。
宜しかったらご覧下さい。
web掲載の際は再度お知らせさせて頂きます。