タグ:高耐震
2021.05.17
(仮称)日吉町の家 地鎮祭を取り行いました。

IMG_1817D

5月某日

久留米市日吉町にて地鎮祭を取り行いました。
今回は狭小敷地・準防火地域という条件下で如何に広がりがある空間を実現できるか?
に挑戦した計画になります。

様々な条件下で住宅や建築を計画しています。
その際、私たち設計事務所のアイデアも大事ですが、住まい手自身の柔軟な住い方が解決の鍵となる事が多いように思います。

現在。5年後、10年後、20年後、30年後の家族の変化や住い方の変化を想像しながら丁寧に打合せを重ねる事で、唯一無二の暮らしと空間が現れてくると思います。





2021.04.21
(仮称)小郡の平屋 着工

IMG_1282

4月に入りとても暖かくなってきましたね。
もはや、春を通り越して夏前の様な気温の日もあり、気持ち良くも少し暑くなってきたかな?と思いながら日々を忙しく過ごしております。

先日、(仮称)小郡の平屋が着工しました。
自然豊かな地域ではあるが、住宅地と線路に近接しており、自然というよりも人の営みに近接した計画となっています。
壮年のご夫婦と近い将来、お子様家族が暮らす二世帯住宅です。
写真は杭工事着手の時点
周辺の景観を壊さずに、ひっそりと佇む建築を意識しましたが、さてさて。。
竣工は10月頃を予定しております。




2021.01.7
新年あけましておめでとうございます!

IMG_9279

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年
新年あけましておめでとうございます。
本年も ろく設計室 を宜しくお願い致します。

今日は1月7日。春の七草の日ですね。福岡は今季最大の寒波で猛吹雪です。雪を眺めながら朝食に七草粥を食べて出勤しました。
お陰様でたくさんの年賀状を頂きまして、その内容を一枚いちまい目を通させていただいています。同業の先輩や友人達からは昨年竣工した素晴らしい作品の写真が掲載されて叱咤激励されて気分になり、お施主様からは温かいお言葉を頂きまして、これからの一年の設計に向けて自信を持って臨む気持ちになっております。

その中で、今回とても嬉しく思ったのが、『快適です』『暖かくて快適です』のお言葉。
そして、やっぱり快適性を考える上ではもう断熱性能は外せないなぁ。今まで勉強してきた事、やってきた事は間違いじゃなかった。って実感しています。
と言うのも、どちらのお家も熊本県の山間部。九州山地のど真ん中で標高が700m近くあり温かい九州の中でも冬はかなりの積雪が有る地域の方です。

この2件。一つは築70年くらいの古民家のリノベーション、もう一つは新築です。お二方共以前は昔ながらのお家にお住まいでした。 この設計をする頃はまだ今程「高気密・高断熱・高耐震」を重要視していなかったのですが、必要最低限事のは当然やってまして、耐震性を高めるために外周部は面材にて耐力を取り、断熱は吹付ウレタンにて施工しています。この頃は高気密は意識していませんでしたけど気密化が増して断熱材の性能をより引き出した結果となった様です。
さて、こんな事を考えながら今年もろく設計室ならではの「距離」のデザインを軸に、高気密・高断熱・高耐震の建築作つくりに邁進したい所存です。

随時ご相談を受け付けております。冷やかしで無く、本気で「あたたかくて」良い建築をご検討の方、こちらも本気で応えます。是非ご相談くださいませ〜♪

どうぞ本年も宜しくお願い致します!

 

 

 

 

令和3年1月7日
ろく設計室
平田大和+スタッフ一同
IMG_9280





2019.11.25
多世代のディスタンス
写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介

写真:針金洋介