2018.04.16
『住宅の気密測定をやってみた話』

30688518_2360985927248681_4323001909045624832_n
大変ご無沙汰しております!
ブログを更新せずにおよそ一年。。。

満開だった桜も散り一日一日暖かくなる日々ですが、いかがお過ごしでしょうか?
実はろく設計室で、この『高気密高断熱』『パッシブデザイン』を強く意識して設計監理した初めての住宅が、この春竣工しました。
2015年に勉強し出しておよそ3年。「高気密高断熱のパッシブハウス」を設計した経緯を書いてみたいと思います。

このお話は長くなりそうなので、シリーズ化?して少しずつお話し出来ればと思っていますので、今回は高気密住宅の基準数値「C値」を確かめる『気密測定』のお話です。

ところで、皆さんは皆様は『高気密高断熱住宅』『パッシブデザイン』と言う言葉はご存知でしょうか?

僕は数年前までは、正直言葉を知っているだけであまり興味が無かったのですが、2015年4月に建築基準法の改正省エネ法が施行された事により、断熱をしっかり施工した建築物しか建てれなくなると言う危機感から断熱設計を勉強し始めました。この事がキッカケでこの言葉をより認識する事になりました。

さて、何から勉強すれば良いのか? 何かいいアプリケーションソフトは無いのか?とネットサーフィンをしていた所、『エナジーズー』と言う温熱計算ソフトに辿り着きました。そのソフトの事を調べてみると作っているのは、八人力の仲間である「FANFARE(当時はソフト部門はCRM)」では無いですか!

早速梶原さんに連絡を取り、エナジーズーの説明を受けました。その時はソフトを導入するには至らなかったのですが、その時に開発者の「野池政弘さん」を教えて頂きました。そして、野池さんから直接パッシブデザインを学ぶワークショップが名古屋で開催されると聞き、全5回のワークショップを受講しました。 この時に、パッシブデザイン、温熱環境、高気密、高断熱を体系立てて初めて勉強したのです。その後は「パッシブハウスジャパン」出版の本や先駆者である「西方里見さん」の本などを読みあさり、日々バージョンアップしながら、今に至ります。

この中の、『高気密住宅』とは、縦長い日本は北から南まで地域に寄りますが、一般的には『C値』2〜5cm2/m2以下の住宅の事を言うようです。

では『C値』とは? 『C値』とは想定床面積に対する隙間相当面積を言います。(詳しくはネットで検索してみてください。汗)

それまで、住宅の断熱を考える際、断熱材の性能や厚さばかりに目がいっていたので『高気密住宅』や『C値』と言う考え方は目から鱗でした。気密を増す事に寄って空気を動かさない事。対流を無くす事。漏気を減らす事がとても大事なのだと知りました。
どういう事かと言うと、先ずは一番の断熱物質は乾燥空気であり、断熱材はこの空気を以下に保持(動かさない事)出来るかが性能に直結している。と言う事を学びました。要するに沢山空気を溜め込んでその空気を動かさない事がとても大切だと知ったのです。
そこで空気を動かさない為に、家の隙間を少なくして行く事が必要になり、その隙間の大きさを表す数値が『C値』と言う事になるのです。
そして、そのC値を調べる検査が今回行った「気密検査」です。

前置きが長くなりましたが、これからが今回の本題です。
検査には第一種換気のメーカーである「マーベックス」さんにご協力頂きました。家に存在する見えない隙間の大きさを測定するので、先ずは台所換気扇のフード等、構造上仕方ない穴を丁寧に塞いで行きます。

DSC_9544

塞ぎ終わったら測定開始。なんだか重々しい機械を窓に設置して、家内の空気を減圧して行きます。

DSC_9548DSC_9547

 

 

この日は八人力のメンバーn+architectsの中村さんが見学に来られました。初めて見る測定を肴に色々とディスカッション。

30656993_2360986510581956_4657268003828662272_n

「別に僕たちが悪い事は全くないのですが、いい数値が出なかった時は何だか申し訳ない気持ちになります。」っていうマーベックスさんの言葉。
「いい数値が出ないのは機械や測定方法ではなくて、その現場の施工の結果なのにね〜」と言いながら、皆んなで爆笑。

とは言いつつ、真剣な後ろ姿のマーベックスさん。

30726632_2360986193915321_7729131203516694528_n

結果が気になっているのが、ヒシヒシと伝わってきます。笑

で、出た結果は。
『0.4』

数値は四捨五入するので、正確には0.3台です。
初めてにしてはとても優秀な数値。
『高気密住宅』の完成です。
僕もマーベックスさんも胸を撫で下ろしました。笑





2017.09.9
日常に運動という要素を取り入得れる事。

久しぶりの日記です。

昨年、僕たちの様な中年にさしかかった方たち向けに山登りの記事をとあるサイトに書いて欲しいとオファーを頂きました。そして先日最後の記事を書き終えました。
日頃はお仕事で運動をしていない働き盛り方たちに、運動を取入れる事でココロとカラダの健康を保つキッカケをつくる事です。

実際書いてみると、そんな大義名分はどうでも良くなって全6回を楽しく書かせて頂きました。そして改めて「山が好き」なんだなぁと感じた次第です。

山を始めて来年で凡そ10年。仕事では住宅を中心とした建築設計をさせて頂いてます。この仕事は仕事というよりも生活の一部となっています。山もこの仕事と同じ位僕の生活の一部になっていたんだと気がつく事が出来ました。

僕の他にも沢山のよい記事が沢山掲載されていますので、もし良かったら是非ご一読ください。

SPORTS DISH

僕が山を登る理由





2017.02.4
君はかもめのジョナサンを読んだ事はあるか?

DSC_8692

八人力のHPに記事をUPしました。
今回はブックレビューです。

 





2017.01.27
有田町の家竣工

DSC_8381

2017.01.13
有田町の家 竣工

昨年から工事を行っていました「有田町の家」が竣工しました。
自然豊かな高台に立つ住宅です。

外部からの視線が余り無く、眺望が良いという好条件の敷地条件だったので、とても開放的なリビングとなっています。今回はなるべく「素の材」建築材料をそのまま使用し、まさに「素材」を活かした家つくりとしました。

DSC_8412

DSC_8416
外壁は杉の赤身、内壁はフレキシブルボード、内部床はモルタル仕上とナラ無垢フローリング。

施工 ASJ佐賀西スタジオ(株式会社上山建設)
設計・監理 株式会社ろく設計室





2017.01.24
展望台の家

%e5%b1%95%e6%9c%9b003

竣工してもう1年になりますが、福岡市西区に竣工した「展望台の家」の竣工写真が 家つくりサポート会社のFORZA さんのHPに掲載されています。弊社のこのwebにはまだ掲載されていません。
宜しかったらご覧下さい。
web掲載の際は再度お知らせさせて頂きます。

 





2016.12.3
田川市プロポーザル

tagawa011

今日は事務所でプランニングをしていたのですが、良い案が浮かびません。こんな時はネットサーフィン。
という事で、僕も参加している「八人力」に記事に目を通していました。そこに有った数年前にみんなで参加した田川市の幼保一環の学童保育施設のプロポーザルコンペの記事で立ち止まってしまいました。

この時は本当に楽しかったなぁ。みんな忙しい仕事の合間に集まって、ミーティングして模型作って。

またやりたいなぁ。

と、思った夕方のひとときでした。^^;

http://8ninriki.jp/archives/421





2016.10.15
ファーストプレゼン #(仮称)田園の家

img_4980

2016.10.14
(仮称)田園の家 のファーストプレゼンでした。
とても美しい田園風景の中に於ける計画、この風景がさらに良くなる様に。昔からそこに佇んでいた様に計画するのが理想的だなぁ計画を進めました。
建替のご計画なので、クライアントはずっとそこに住んでありました。そこでの経験による生活スタイルや間取りの既成概念をお持ちなので、新しいご提案とのギャップが有るのは当然の事です。
そのギャップをより良い方向へ昇華させたご提案が出来たらと思いを込めて、お話しさせて頂きました。

img_4977

img_4978

 

良い意味でご想像を裏切る事が出来て、喜んで頂けた様子でした。

そして今回も2世帯住宅のご提案です。
ここの所、ろく設計室では多世帯のご家族の計画が続いています。

家族とは言え、2つの別々の生活スタイルが共存する事になります。計画それぞれに異なる要件が有りますので、それぞれの「心理的な距離」を大切にしながら計画を行っています。





2016.10.4
ファーストプレゼン #(仮称)西有田町の家

r1022570

 

2016.10.04

本日は西有田町にて1st.プレゼンでした。
ヒアリングからひと月程待って頂いて、とても楽しみにされていたご様子。

模型とプレゼン資料を見て頂いてとても喜んでおられました。
今回のプレゼンテーションにより朧げだったこれからの生活が、具体的に想像できる様になったのではないかと思います。

今後は今まで以上にお施主様には生活を想像して頂いてより深いディスカッションを重ねてより良いお家をつくりを進めて行きたいと思います。

今後とも宜しくお願い致します!

 





2016.09.30
ミラノリポート #街歩き編

img_1663
八人力のHPにミラノでの事を少し書いています。

ミラノリポート #街歩き編





2016.09.30
マンションリフォーム#福津のマンション
タグ:

dsc_8142

2016.09.30

福津のマンションリフォーム。本日お引渡でした。

こちらのプロエジェクトは、4月にお話を頂いてから4ヶ月しっかりと打合せをして着工となりました。
新築のマンションをご購入されて入居前にリビング、キッチンの家具と少しの間取り変更をデザインさせて頂いています。
リビングの壁面収納は機能的に日常のモノが収納できる様になっていて、スキマと光をデザインする事で圧迫感を軽減させたり空間に奥行きを持たせています。
dsc_8144
右側に繋がるガレーロに書斎コーナーを作り、所々の高さを合わせる事で横方向の広がりもより感じる事が出来ます。

dsc_8134