ろく設計室がつくるのは、単に家だけではありません。
そこに住む人、使う人のこれからの人生、長い生活で大切な「あんしん」もつくっていきます。
そのためのプロセスをご案内します。
面談

まずは、お気軽にお問い合わせください

「家、暮らし」についてざっくばらんにお話しましょう

プレゼンテーションを依頼するかご検討ください

依頼される場合は、住宅計画調書をご記入下さい

※プレゼンテーション費として5万円頂きます

ヒアリング

夢やご要望をお聞かせください

第一回目のヒアリングを行います

プレゼンテーションを作成します(1ヶ月くらい)

プレゼンを見て、設計を依頼するかご判断下さい

設計をご依頼いただく場合、契約を行います

着手金をお振込お願いします

設計監理料計算書に基づき着手金をご請求いたします

基本設計の開始

敷地を確認に行きます

基本設計を開始いたします

お持ち帰りになって、ご家族で検討ください

初回提案( 1/100程度の図面、外観透視図または模型)

ご家族のご意見をお聞かせください

提出案についてのご希望をヒアリングします

基本設計についてご承認

基本設計料の残金をお振込ください

基本設計料の残金をご請求

基本設計の見直し(1/50の平面図で細部の検討)

実施設計

細部について変更のご希望があればお申し出ください

実施設計(細部の決定、工事費の見積り)をいたします

建築確認申請

申請書や委任状に署名、捺印ください

確認申請の手続きをいたします

実施設計図の提出(必要があれば模型を作成)

実施設計料をお振込ください

実施設計料をご請求いたします

見積り査定

心当たりの施工業者があればお申し出ください

施工業者に見積を発注いたします

施工業者を決定してください

見積書の内容適正チェックします

工事契約はクライアントと施工業者が直接結びます

契約にお立ち会いいたします

着工

地鎮祭をする場合はお申し出ください

建築確認の決済が下り次第、着工します

現場には時々顔をだし、職人に声をかけてください

工事監理(詳細図や施工図の作成、工事の進捗確認)

工事に関する質問や注文は、必ず当社を通してください

現場の状況は随時ご報告いたします

工事監理料の中間金をお振込ください

工事監理料の中間金をご請求します

設計変更に関する話は、なるべく早くご相談ください

使用する仕上げ材料の材質、色などを検討します

竣工~検査

施工業者の自主検査後、修正箇所を指摘し、再検査します

引き渡し

引き渡しに立ち会いをお願いします

竣工調書を用意します

施工業者から火災保険を引き継いでください

追加変更工事精算書をチェック

工事監理料の残金をお振込ください

工事監理料の残金をご請求いたします

アフターケア

1ヵ月後をめどに初期段階での問題点をチェック

1年後をめどに年間を通しての問題点をチェック